稼げる本気の副業厳選ブログ

初心者におすすめの投資ビジネス、タップアンドクリック(タプクリ)とは

変貌を遂げる世界の通貨事情!気になるその行方は

time 2021/05/01

仮想通貨の将来性についての議論が深まっているのは、多くの人が仮想通貨そのものに対する可能性を感じているからです。

リップルやビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨にかつてないほどの熱い視線が注がれているのは、基盤となるブロックチェーン技術への信頼が厚いことに起因しています。さながら、「未来のお金」と言っても良いかもしれません。

実はこの「未来のお金」に関しての理解は、まだまだ進んでいないのが現実であり、いわゆる経済エコノミストやアナリストなどの専門家と呼ばれる人でさえも、理解が難しいのが実態です。

今となっては副業の一つとして選択する人が多い仮想通貨の特徴でもあるのが、中央に管理者が存在しないという点です。リップルのような例外のコインもありますが、基本的には管理者不在となります。

仮想通貨への期待がますます高まる一方、中国が手掛ける「デジタル人民元」にも注目が集まっています。もし、デジタル人民元が実現すれば、たちまち世界の基軸通貨へと成長することも考えられます。これまでの「ドル決済」からの大転換が起こると言っても良いでしょう。

そもそも、仮想通貨が台頭することになった背景についても把握しておくことが必要です。21世紀を迎えてからの世界情勢は混沌としており、日本を取り巻く環境にも大きな変化があります。

01年に発生した同時多発テロを皮切りに、08年のリーマンショックや11年の東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、これらの事象が起こる度に株価暴落などに見舞われることになりました。
とりわけ、リーマンショック以降の世界はグローバル資本主義の崩壊に直面しており、結果的に格差の拡大を招いたとも言われています。そこで生まれてきたのが、ブロックチェーン革命であり、その先陣を切る形でビットコインが誕生しました。

記憶に新しいところでは、2017年後半から2018年初頭にかけての急騰の場面が挙げられます。いわゆる「おくりびと」という言葉も誕生するほどに、仮想通貨は活況を呈することになりました。

飛び交う評判や口コミなどをたよりに、多くの仮想通貨初心者も取引に参加しました。lineやTwitter、Facebookなどの情報を基に、コイン購入に踏み切った人も多いのではないでしょうか。仮想通貨をすることによるリスクや危険性があることはまぎれもない事実です。ストップ安はなく、損失が無尽蔵に拡大する懸念もあります。